エンタメ 音楽

「うっせぇわ」の歌い手Adoの顔は?ベールに包まれた正体を暴く!

「うっせぇわ」歌い手Ado の顔は?

2020年の後半から「うっせぇわ」の曲で一躍有名なったAdoさんですが、一般には姿を見せずに活動をされています。

そんなAdoさんはメジャーデビューから次々と記録的な成果を挙げており、いっきにトップアーティストに駆け上がりました。

そんなAdoさんはどんな人なのか?どんな顔をしているのか?年齢や学校は?

 

そんな疑問に答えていきたいと思います。

 

Adoのプロフィール

Ado
典出:Ado - UNIVERSAL MUSIC JAPAN

名前:Ado(アド)

性別:女性

誕生日:2002年10月24日

職業:歌手

事務所:クラウドナイン

デビュー:2020年

 

Adoという名前の由来は?

狂言「柿山伏」に、山伏「シテ」(主役)と柿の木の持ち主の「アド」(脇役)が登場します。この2人のうち「アド」を選んだそうです。

「最初は意味も分からず小学生の時に響きで付けた」

「狂言の世界における役柄でシテとアドというのがあって。シテが主役でアドが相手役、脇役という意味で。私の曲を聴いてくださる方々の代わりに戦える存在というか、誰かの人生の脇役になれたらいいのかなと思って。意味は後付けですけど」

引用:model press

 

Adoの学校は?

ADOさんは2021年3月17日に高等学校を卒業されています。

調べた範囲ではどの学校を卒業されたのかは不明でした。

また、進学についての情報は出回っていませんでしたが、きっと進学せずに音楽に集中するのではないかと思われます。

 

Ado家のクローゼットは音楽部屋

Adoさんは自宅のクローゼットの壁に防音材を貼り付け、テーブルに録音機材を置いて、レコーディングしていたそうです。


中3~高1ぐらいからクローゼットで歌い始めたそうです。

静かなレコーディング環境を求めてクローゼットに引きこもる気持ち、なんだかわかります。

2017年1月10日に、ニコニコ動画にボカロ曲「君の体温」の歌ってみた動画を投稿し、歌い手の活動を始めています。

Adoさんが歌った「君の体温」はこちら。

 

Adoのメジャーデビュー

17歳の最終日である2020/10/23にメジャーデビューを果たしたAdoさん

当日にボカロPのsyudou書き下ろしの「うっせぇわ」を配信限定リリースされています。

Yまた、ouTubeのAdoさんのチャネルで公開されている「うっせえわ」の楽曲は2021年4月19日時点で総再生数1.2億回を突破しています。

公開から148日での1億回再生到達しており、歴代7位となる快挙らしいです!

Adoさんが歌う「うっせぇわ」はこちら。

Pianoバージョンの公開されており、この動画には本人がスーツ姿で登場していますが、顔はボヤかされており見えません。

ご尊顔はベールに包まれております。

 

Adoの素顔は?

Adoさんは「あまる」というグループを作って音楽活動をしていました。

既に削除されてしまった2019年3月24日のツイートにはこんな記載がありました。

あ 担当 あい
ま 担当 まりん
る 担当 るり

「ソロでも活動している三人が作ったユニット!」

この「るり」がAdoさんだと言われています。

以下ツイートの写真の右端の黒服の女の子がAdoさんのようです。

Adoさんの映っている写真をもう1枚

最後に「顔バレ」と言われているツイートがこちら。

マスクを着けていないお顔のハッキリと映っており、左右の顔を比べると、涙袋がそっくりですので、同一人物だと思われます。

高校3年生らしい可愛いお顔をしてますね♪

 

Adoのポエム

メジャーデビューの翌日に長いポエムを詠まれています。

メジャーデビューに至るまでの辛かった気持ちを文書で綴ってます。

彼女の歌の活動を否定する人たちがいて、負の感情が彼女の原動力となり、いつか見返してやると自分を突き動かしてきたようです。

夢を実現した今、彼女は今まで助けてくれた人たちへの感謝の念を抱き、次はみんなの助けになれることを願っているとのこと。

 

Adoのお仕事

2017/1/10:楽曲「君の体温」を歌っていた

2019/12/23:楽曲「金木犀」に参加、楽曲「シカバネーゼ」に、ボーカリストとして参加

2020/5:コールボーイ」「絶え間なく藍色」を配信限定リリース

2020/10/23:メジャーデビュー

2020/12/24:レディメイド」を配信限定リリース

2021/2/14:ギラギラ」を配信限定リリース

2021/3/15:うっせぇわ」がBillboard Japan Hot 100で総合1位を獲得

2021/3/20:うっせぇわ」がBillboard JAPANチャートのストリーミング累計再生回数が1億回を突破

 

AdoのTVインタビュー

2021年4月18日の「日曜日の初耳学」に出演し、林修さんのインタビューに答えています。

  • 動画投稿サイトで音楽を聴くうちに「声だけでこんなに人を魅了できるんだ」ということを知り、自分も挑戦したいと思う。
  • 「うっせぇわ」のレコーディングは一人で行ったらしく、特に誰かにディレクションされたワケではない。
  • 学校の先生に「コミュニケーション能力がない」と言われたことがショックで、この悔しさをバネにクローゼットから発信を続けた
  • 将来の夢は「さいたまスーパーアリーナでライブすること」
  • 林さんから若くしてトップアーティストになったAdoさんへのアドバイス:「今までこんなにうまくいっていたのに、なんでこんなに急に』って、起きたことを批判するような、そういう人は意外とそこで止まる」

小学校1年生の時にボカロの歌い手を知り、そこから歌への興味が芽生えるって、結構早い段階で興味を示すのはやはり本能的に惹かれるものがあったのでしょうね。

レコーディングにおいて、よくプロデューサーが傍について歌い方を指導することが多いと思うのですが、Adoさんが「うっせぇわ」をレコーディングしたときは誰もいなかったという。自ら考え自らの判断でどう歌うのかを決められたってことは、しっかりとした音楽への理解があってこそだと思います。12年間活動してきた中で音楽の軸がしっかりと出来上がっていたんでしょうね。

学校の先生から後ろ向きなことを言われたから諦めるのでもなく腐ることもなく、自分が歩みたい道をまっすぐ進んできたというところに、声の力強さ源を感じてしまいます。

いきなりトップアーティストに躍り出てのメジャーデビュー、今まで養ってきた実力が一気に花開いたようです。

継続は力なり、努力は実る、彼女を見ているとそう思えてきます。

 

Adoに対するネットの声

 

ネットの声としては、Adoさんの「声」がいい、癖になる、大好き、カッコイイ、落ち着くといったポジティブな発言が多くみられます。

独特な歌い声と普段の低音は渋い声がとても人気があり、コアなファンを獲得していっているようです。

 

Adoのウェブサイト・SNS

サイト:「うっせぇわ」特設ページ - Ado

Twitter:@ado1024imokenp

YouTube:Ado♪

ニコニコ動画:Ado ID : 39170211(GINZA)

Instagram:ado1024sweetpotet

TicTok:ado1024osenbei

Line:Ado | LINE Official Account

 

Adoのまとめ

女性歌手のAdoさんについて、ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「うっせぇわ」では複数名で歌っているかのような七色変化の歌声を披露しており、Adoさんの「声」にハマっているファンがとても多くいます。

2021/3に高校を卒業し、これからの音楽シーンで活躍していくアーティストさんですので、今後が楽しみですね♪

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

 

-エンタメ, 音楽

© 2021 ゴロブログ