エンタメ

大谷翔平の海外の反応は?最新情報と活躍を紹介!

大谷翔平 海外の反応は?

大谷翔平選手の大リーグでの活躍は、近年凄まじく、今、大谷翔平選手は海外でも大人気です。

特に、今シーズンの大谷翔平選手は、成績も素晴らしく、「とんでもないやつだ!」などと、海外でも賞賛されています。

日本でも、連日のようにその活躍がメディアで放送され、大谷翔平選手をテレビで見ない日はないほどです。

そこで今回は、そんな大谷翔平選手の最新状況や、世界での反応などについて、まとめてみました 。

 

大谷翔平選手のプロフィール

名前   大谷翔平

出身    岩手県

生年月日    1994年7月5日

身長   193センチ

体重   92.1 kg

所属    ロサンゼルス・エンジェルス

 

大谷翔平選手のこれまでの経歴

 

大谷翔平選手は、岩手県の出身です。

父親が社会人野球の選手だったことから、大谷翔平選手は、幼い頃からリトルリーグに入って、野球をしていました。

その頃から、「野球の才能がある」と、地元の青森では評判になっていたようです。

中学、高校と年を重ねるごとに、その才能は開花し始め、評判もうなぎ上りに上昇していきました。

 

高校は、青森の花巻高校に進学。

高校時代は、大きな怪我という挫折も味わいました。

しかし、それでも、大きな怪我を乗り越えて、大谷選手は成長し、二刀流の基礎を養ってきました。

 

高校卒業後の2012年、大谷選手は、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに逆指名され、入団。

日ハムに入団して以降は、投手と打者のいわゆる二刀流の選手として、大活躍しました。

 

その後、2016年になると、投手と指名打者の両方において、ベストナインのダブル受賞を果たし、リーグ MVP に選出されました。

 

大谷選手の投手としての球速、168Km/hは、日本人最速記録です。

 

そして、その後、2017年、ついに、高校の時から念願だった、大リーグ、ロサンゼルス・エンゼルスに移籍。

2018年には、日本人史上4人目となる新人賞を受賞しています。

 

大谷翔平選手 最新情報

現地時間7月9日(日本時間7月10日)、大谷翔平選手は、敵地で行われた対シアトルマリナーズ戦に、「2番1 DH」 として先発。

オールスター前の最後の3連戦に臨みました。

 

その日、大谷翔平選手は、これまで、打数1安打、打率0.91、4三振と、押さえ込まれている投手、マルゴーゴンザレスと対峙しました。

チームメイト、フレッチャー選手の先頭打者アーチで、エンジェルスが先制していた中で迎えた第1打席。

大谷選手は内角へカーブを打たされて、残念ながら、セカンドゴロに終わりました。

 

しかし、その後、エンジェルスが2回に1点を追加して迎えた3回、大谷翔平選手は、カウント1−2から、内角に投じられた88マイル、約14.7キロのシンカーをフルスイング。

その打球は、高々と舞い上がって、あっという間にライトスタンド後方に届く、超特大33号ホームランとなりました。

その飛距離は、なんと141メートル。

通算609本に塁打の偉人、サミーソーサと並ぶ、歴代トップの大記録を達成したのです!

 

このホームランに、現地のファンは騒然となり、カメラもをえないほどの特大ホームランに、アメリカの記者も驚いた様子でした。

 

大谷翔平選手 海外の反応は?

 

 

2021年7月10日の飛距離141 M の超特大ホームランに、アメリカの記者たちも仰天。

地元紙「オレンジカウンティレスター」のエンジェルス版記者であるフレッチャーさんは、 Twitter で、「ショウヘイオオタニが、今とんでもない本塁打を放った。463フィート!マジか」とつぶやきました。

 

また、地元紙ロサンゼルスタイムズのエンジェルス版記者のジャックハリスさんも、「ショウヘイがカナダまでぶっ飛ばした」と大絶賛しています。

 

ここで、海外の大谷選手に関する記者たちの反応を見ていきましょう。

2021年4月25日に、大谷翔平選手の放ったホームランについて、ご本人は、ホームランと思わなかったのか、全力疾走でホームインしました。

そんなひたむきな姿をチームメートたちは祝福。

現地のメディア「the atletic」のアルタ記者は、「ショウヘイの平均スプリントスピードも大きく上がるだろう」と称えました。

 

また、2021年4月22日、大谷翔平選手がホームランを打った時に、実況していたアナウンサーは、「Good bye」と絶叫しています。

日本に、「サヨナラホームラン」という言葉があるため、それをまねたのでしょうね。

さらに、この日は、ピッチャーとしても大活躍した翌日で、海外のファンからも、「素晴らしいパワーです」と絶賛の嵐が起こっていました。

 

さらに、「ブリーチャーレポート」という地元紙では、2020年に最も優秀な若手選手を揃える MLB チームについて特集を組み、その中で、大谷翔平選手のことを「投打共にスーパースターになり得る存在」と褒め称えています。

 

海外では、「オオタニサン」というワードが Twitter のトレンド入りするほど、大谷翔平選手は大人気なのです。

 

まとめ

今回は、大谷翔平選手のプロフィールや、経歴、最近の活躍、海外の反応について、お伝えしました。

つい先日、2021年7月10日にも、超特大ホームランを放ち、偉大なサミーソーサと並ぶ、歴代トップの記録を成し遂げた大谷翔平選手。

その活躍は、とどまるところを知らず、現地アメリカの記者たちも大絶賛しています。

海外でも大人気の、大谷翔平選手のこれからの活躍がとても楽しみですね。

 

-エンタメ

© 2021 ゴロブログ