NasneってNuro光の光テレビでは録画に使えないってホント?

Nuro光のひかりTVをNasneで録画できる?

自宅のインターネット回線を高速化するために、SoftBank光からNuro光に乗り換えるにあたり、Nuro光に変えるとNasneでのテレビ録画ができないという問題に直面したため、ご紹介したいと思います。

もし光コラボでテレビ録画をNasneでしており、回線をNuro光に切り替えようとしているあなた!是非この記事を事前に読んでおいてください!後悔先に立たずです!

 

Nuro光でNasneを使ったテレビ録画はできるの?

Nuro光とひかりTV for Nuroを組み合わせればテレビを観ることはできますが、Nasneを使ったテレビ録画はできません。

Nuro光もNasneもSonyなのに、連携できないってどういうこと?と思いますが、これが現実。

 

Nuro光とひかりTV for Nuroを使ったテレビ録画はどうやるの?

以下3つのステップにてご紹介します。

 

STEP1:「Nuro光」と「ひかりTV for Nuro」の2つのサービスを契約する。

当サイト限定!40,000円の工事費無料【光マッハ】

 

STEP2:ひかりTVチューナーを購入またはレンタルする。

ひかりTVチューナーの購入は、ひかりTVショッピングのサイトにて。

レンタルする場合は、「ひかりTV for Nuro」を申し込む際に「レンタル」を選択する。

 

STEP3:ひかりTVチューナーにひかりTVの録画に対応した外付けHDDを接続する。

おススメはこちら:

 

 

光コラボレーション(光コラボ)ってなに?

光コラボの回線

私が契約していたSoftBank光は、光コラボレーション(光コラボ)でした。

そもそも「光コラボ」ってなに?

光コラボとは「NTT東日本、NTT西日本が提供するフレッツ光回線を各プロバイダー事業者が借り受けて展開する光回線のサービス」のことを言います。

NTTが長いこと光回線事業を独占しており、それを「フレッツ光」として販売していました。しかし、2015年2月より光回線を広く普及させるために他のプロバイダー事業者に光コラボとして貸し出しを始めました。

つまり、光コラボでは、各プロバイダーが同じフレッツ光の回線を共有することで光回線サービスを提供しています。

これにより、各プロバイダーが自前で回線設備を準備しなくて済み、光回線事業に参入しやすくなるという一面があります。

光コラボのプロバイダーとしては、SoftBank光、ドコモ光、ぷらら光、Excite光、GMO光アクセス、OCN光、So-net光、@nifty光などがあります。

フレッツ光の光回線を共有することを高速道路に例えるならば、高速道路へ入口となる料金所は各プロバイダーごとに異なるが、車が走る高速道路はみんなと同じ。そう、同じなんです。

光コラボでは、皆で同じ回線を共有するために、利用者が増えると回線が渋滞し、速度が遅くなります。これは光コラボのデメリットの1つになっています。

しかし、光コラボのメリットもあります。

光コラボでは、各プロバイダーが独自のオプションサービスや特典・キャンペーンを付け加えることによって、光回線サービスに付加価値を付けて販売しています。

例えば、

  • 格安SIMとのセット利用割引サービス
  • 条件を満たした場合にキャッシュバックを受けられる
  • 基本料金が数カ月無料または割引になる
  • スマートフォン割引を受けられる
  • IPv6接続に対応しているプロバイダーであれば回線速度がより安定する可能性あり
  • 問い合わせ窓口が光コラボ事業者に統一されるため利便性が高まる
  • 請求元も統一されることで利便性が高まる
  • 光テレビ用の光チューナーのレンタルや割引がある

 

光コラボでは「フレッツ・テレビ」サービスがある

SoftBank光の光コラボでは、フレッツ・テレビのサービスが使えます。

フレッツ・テレビとは、地上デジタルやBSデジタル放送受信用のアンテナを設置しなくても、光回線を通じてテレビ放送を受信し、アンテナ受信と同じようにテレビを楽しむことができます

機器を交えて見てみましょう。

SoftBank光では、NTTのONUとSoftBankのルーターを使います。

NTTのONU SoftBankのルーター
PR-S3000SE SoftBankのルーター

ONU(光回線の終端装置)とは、パソコンと光回線の間に設置し光信号とデジタル信号間の変換を行う機械のことです。

ルーターは送受信すしたデータをどの機器に送るのかを制御する機械です(複数あるパソコンやスマホを判別しデータを送ったり受けたりする)。

NTTのONUの背面を見ると、黒く細い光回線のケーブルが「LINE」と書かれたところに接続されており、この光回線からインターネットデータとテレビ放送が提供されます。

ONUに入ったテレビ放送は、金色のテレビ用のアンテナ出力端子を通じて出力されます。

PR-S3000SE背面(光回線とアンテナ出力端子)

 

ONUのアンテナ出力端子とNasneのアンテナ入力端子をケーブルで接続することで、テレビ放送がONUからNasneに送られます。これにより、Nasneはテレビ放送を録画することができるのです。

nasne背面画像

 

ここでの注目ポイントは、ONUにアンテナ出力端子があるというところです。

光回線とONUのアンテナ端子

光回線で送られてきたテレビ放送は、ONUで受信され、ONUのアンテナ出力端子からNasneのアンテナ入力端子へ送られることで、Nasneはテレビ放送を受信し録画することができます

 

Nuro光にはひかりTVのサービスはあるが、ONUにはアンテナ出力端子がない

SoftBank光からNuro光に乗り換えるにあたり、「きっとNuro光のONUにもアンテナ出力端子があって、それを今まで通りNasneに繋いであげればいいんでしょ?」と思っていた私ですが、Nuro光のONUを見たときに愕然としました。

Nuro光ONUの表

Nuro光のONUの表面は、まぁ、普通ですね。

が、しかし、裏面を見ると

Nuro光ONUの裏

なんと!Nuro光のONUにはテレビ用のアンテナ端子が付いていない!!!

これじゃNasneにテレビ放送を伝えることができないじゃぁないか!

SoftBank光を解約すると、NTTのONUとSoftBankのルーターは両方とも返却する必要がある。

家に残るのはNuro光のONUのみ。

ここで「ひかりTV」なるものに気が付き、今更ながら調べることに。

 

Nuro光のひかりTV for Nuro ってなに?

Nuro光でテレビを見るためのサービスが「ひかりTV for Nuro」と呼ばれています。

このサービスに加入することで、光回線でテレビ放送を受信し見ることができるらしい。

Nuro光のONUにはアンテナ端子は付いていないため、きっと何かしらの機器が別途で必要になるのであろう。

調べると、「ひかりTVチューナー」が必要だということが分かりました。

機器のインターフェースを見てみると、まず表にはUSBが1つ。

ひかりTVチューナー表

 

裏を見てみると、HDMI、USB、光デジタル、LAN、電源・・・

ひかりTVチューナー裏

そう、チューナーにアンテナ端子が付いていない!!!

では、どうやってひかりTVチューナーはテレビに放送を届けるのか?

これを調べた結果を図にしてみました。

ひかりTVチューナーの接続

図の通り、ONUは光回線で受信した放送をLAN経由でチューナーに渡し、チューナーはHDMIでテレビに放送を届ける仕組みになっていました。

アンテナ端子はどこにも出てこないため、Nasneに放送を送る手段はなし。

 

ひかりTV for Nuroでは、テレビは最大2台までしか観られない?!

テレビのアンテナ端子を使っていたときは、アンテナ端子で接続すれば何台でもテレビが映りました。

しかし、ひかりTV for Nuroでは、1契約につきテレビ1台まで、最大2契約までという制限があります。つまり、TVは最大2台までしか映せないのです。

ただ、これを回避する方法があります。それは Fire Stick TV を購入し、DiXiM Play Fire TV版(有料)をインストールすれば、放送中のテレビ番組や録画した番組をFire TVで観ることができます。

おススメアイテム:

 

Fire Stick TVと一緒に「Mission cables」を購入することで、Fire Stick TVの電源をAC電源からではなく、USBからの給電に切り替えることができます。これでテレビの背面がスッキリします!

 

Nuro光の工事を途中で止めるとどうなる?

もしNuro光を申し込んで、屋外工事が終わった段階で止めたい!と思った場合、どうなるのか?

サポートデスクに問い合わせてみると、

屋外工事を実施した後は、キャンセルではなく解約となります。

解約となった場合は、契約解除料金と工事費用を一括でお支払いいただくことになります。
なお、屋外工事前のキャンセルの場合は料金は発生いたしません。

とのこと。

つまり、契約解除料金(10,450円)と工事費用(44,000円)の計54,450円を支払う必要がでてきます。

これを払うくらいならば、Nuro光に切り替えてしまい、テレビ録画に必要な環境を整えた方がまだマシだと思います。

Nuro光の回線速度は光コラボよりも圧倒的に早くなるハズですので、悪いことばかりではありません。

但し、Nasneでのテレビ録画は諦めることになりますので、NasneはNASとして再利用しては如何でしょうか?

 

まとめ

NasneってNuro光の光テレビでは録画に使えないってホントか?!について調査した結果、「使えない」という結論に至りました。

もしご自宅で光コラボでテレビを観ており、Nasneを使ってテレビ録画をしている場合は、Nuro光に回線を変える場合は要注意です。

もしご自宅に光コラボとは別でテレビアンテナが引かれている場合は、引き続きNasneでの録画は可能ですので、迷わずNuro光に切り替えて爆速回線のメリットを受けましょう!

© 2021 ゴロブログ