西矢椛(にしやもみじ)のプロフィール!テレビ出演や経歴、兄弟、スポンサーを調査!

2021年8月3日

西矢椛 プロフィール

東京2020オリンピックでは、2日連続のスケボーの金メダル獲得で盛り上がりました。

スケートボード女子ストリートで日本史上最年少金メダリストになったのが西矢椛選手です。

 

「西矢椛さんのスケボーの経歴が知りたい」

「西矢椛さんはどこの中学校なの?」

ラスカルって何の話?」

 

オリンピックで一躍有名になった彼女のことに、興味を持つ方も多いかと思います。

そんな最年少金メダリスト西矢椛選手の、スケートボードの経歴や通っている中学校を調査しました。

さらに、かっこよくスケボーを滑る姿から、プライベートの可愛らしいInstagramの写真まで、

気になる情報もまとめました。

ぜひ最後までお読みください

 

西矢椛・プロフィール

  • 名前:西矢椛(にしやもみじ)
  • 生年月日:2007年8月30日(13歳)
  • 出身: 大阪府松原市
  • 身長: 155 cm
  • 体重 :45 kg
  • 競技 :スケートボード
  • クラブ :ムラサキスポーツ

【獲得メダル】
女子 スケートボード

オリンピック  2020年東京女子ストリート
X Games  2019 ミネアポリス 女子ストリート

 

お笑いコンビの千鳥が好きで、

息抜きはYouTubeSNSを見ることだそう。

 

西矢椛・名前読み方と由来

西矢椛さんの名前の読み方は、

(にしやもみじ)です。

 

名前の由来として「椛」の漢字には、

「木に花が咲くように力強く生きてほしい」との願いが込められているそうです。

願い通り今回の東京オリンピックでは、

力強く花を咲かせることができました。

 

西矢椛のインスタは?

西矢椛さんのInstagramは、26日の金メダル獲得直後のフォロワーは1.7万人でした。

しかしフォロワー数は急増加し、快挙から一夜明けた27日にはついに10万人を突破しました。

(2021/8/2・現在のフォロワー数は、14.8万人)

フォロワー数の昇は今も続いています。

 

2021『東京2020オリンピック金メダル』獲得

西矢椛さんは「金メダルの重さは1トン」の価値がある、と表現していました。

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

 

2021『Street Skateboarding World Championships 銀メダル』獲得

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

 

競技中はかっこいい西矢椛選手ですが、プライベートは普通の中学生と同じ

甘いものを目の前にすると、こんなに可愛らしい笑顔で笑っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

 

西矢椛の中学校は?

西矢椛さんは「松原市立松原西小学校」を卒業後、

「松原市立松原中学校」に入学しました。

大阪府松原市にある公立中学校で男子ソフトテニス部の活動が盛んな学校です。

 

松原市立松原中学校は、近鉄南大阪線 河内松原駅 南西へ約500mの場所にあります。

 

有名な卒業生は、最近ではドラマ『監察医 朝顔』万木平 役(刑事で、朝顔の父役)を演じた

時任三郎さん(俳優・歌手)と、

叶姉妹で有名な叶美香(玉井美香)さん(モデル・タレント)です。

 

スケボーの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

 

西矢椛のスケボーを始めたきっかけ

西矢椛さんは、父・翔さん(39)と2学年上の兄・颯さん(16)から影響を受け、

5歳からスケートボードを始めました。

家族でスノーボードをやっていたため、

そのオフシーズンである夏の練習の一環として始めたのだとか。

 

本格的にスケートボードを始めたのは小学1年生からでした。

練習場は故郷の松原市内にある「スポーツパークまつばら」を本拠地とし、

毎日3~5時間ほど練習してきたそうです。

 

西矢椛さんの育った大阪・松原市はスケートボードが盛んな街で、

練習環境にもとても恵まれました。

プロスケーターが多い地域なので、プロの子たちとの撮影や練習を一緒にやる機会が多く、

男の子にも負けないような技術を身に付けるようになったそう。

 

日々の練習の積み重ねにより実力をつけていき、

年々大会でも勝てるようになっていったと言います。

 

主な成績と出場記録

【2021】

  • TOKYO2020 Olympics:1位
  • TOKYO2020 SKATEBOARDS STREET 日本代表
  • WORLD SKATE CHAMPIONSHIPS:2位

 

【2019】

  • X-GAMES Minneapolis:2位
  • FISE WORLD SERIES HIROSHIMA:優勝
  • JRSF 第3回JAPAN CHAMPIONSHIPS
  • WORLD SKATE DEW TOUR:13位
  • WORLD SKATE SLS LONDON:15位

 

西矢椛のスポンサーはどこ?ユニフォームは?

若干13歳ながら、そのスケートスタイルは世界のライダー達から注目を集め、

スケボー関連のメーカーやブランドがスポンサーとなっています。

 

西矢椛さんの着用していたユニフォームも話題となりました。

 

スポンサーはどこ?

西矢椛選手はまだ13歳ですが、拠点となる居住地域の「店舗ライダー」として広告塔となっています。

銅メダルを獲得した中山楓奈選手(16)、男子ストリートの堀米雄斗選手(22)も

「ムラサキスポーツ」の契約ライダーです。

 

その他にも『Protec』『Independent trucks』『Element Japan』『Bones Wheels』

とも契約をしています。

 

『Rideresfact-nanba』

(ムラサキスポーツプロデュース・アクションスポーツギアーの旗艦店)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ridersfact_nanba(@ridersfact_nanba)がシェアした投稿

 

『Protec』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pro-Tec(@protec)がシェアした投稿

 

『Independent trucks』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Independent Trucks(@independenttrucks)がシェアした投稿

 

『Element Japan』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Element Skateboards®︎(@elementjapan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Element Skateboards®︎(@elementjapan)がシェアした投稿

 

『Bones Wheels』

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bones Wheels(@boneswheels)がシェアした投稿

 

スポンサーとなった企業が気になる方は、Instagramを詳しく見て、

他の写真もご覧になってみてください。

 

西矢椛選手の年収については明かされていませんが、スポンサーが付いている場合

かなりのサポートが受けられるようです。

  • 契約金
  • 大会参加料・大会遠征費のサポート
  • ウェアやボードなどを無償提供

きちんとした練習環境が与えられていると思われます。

 

「日本オリンピック委員会 JOC」からは、報奨金500万が、

金メダル獲得者全員に支払われるそうです。

 

東京2020オリンピック・着用ユニフォーム

東京2020オリンピックで西矢椛選手は、ピエット・パラデザインの

ナイキのユニフォームを着用していました。

シューズはアディダスとの情報が有力です。

 

ユニフォーム

金メダルを獲得した堀米雄斗選手も着用していたと話題になったユニフォームで、

吸湿性に優れた素材で、富士山モチーフのデザインが印象的です。

ブランド NIKE(ナイキ)
商品名 メンズ スケートボードクルー ナイキ SB
価格 12,100円(税込)
カラー ホワイト/ブラック
サイズ XS、S、M、L、XL、2XL
素材 リサイクルポリエステル繊維100%の上質なニット素材
原産国 タイ

 

シューズ

シューズのブランドは公表されていませんが、

アディダスでおそらく間違いはないでしょう。

 

このシューズなのではないかとの噂が広まっています。

 

 

西矢椛・テレビ出演の情報

西矢椛さんは『スッキリ』に出演し、

ネットを盛り上げたラスカルの真相を明かしました。

銅メダルを獲得した中山楓奈選手と試合中に「ラスカルの話をしていた」と、

優勝インタビューで答えたことが話題となりました。

 

『めざましテレビ』と『めざまし8』に出演した時には、

ご褒美として「焼き肉が食べたい!」と笑っていました。

 

『スッキリ』でラスカルの真相を明かす

西矢椛選手中山楓奈選手は7/27日朝、

日本テレビ系の情報番組『スッキリ』に出演しました。

 

中山楓奈選手が「ラスカル」が大好きで、練習中に聞くと気分が乗るのだとか。

「ラスカル」とはいったい何の話なのか、さまざまな憶測がありました。

  • イギリスの人気ラッパーである「ディジー・ラスカルさん」のことではないかという説
  • アニメの名作あらいぐまラスカル」のテーマ曲のことではないかという説。

 

ネットを盛り上げたラスカルの真相について、司会の加藤浩次さんが質問しました。

――ラスカルってなんですか?

西矢:楓奈の試合中に聴いてるラスカルの歌の話をしていました。

――やっぱり歌なんですね。おじさんたちは『あらいぐまラスカル』だと思ってました。

西矢:あらいぐまラスカルの歌です。

――え!「ハリハリウェホハホー」で始まる歌(OPソングの「ロックリバーへ」)ですか?

西矢:はい。

―― 中山選手、なんでそれを聞いてたんですか?

中山:テンションが上がるからです。

―― あのアニメって、僕なんかが小さい頃にオンエアしてたんですよね。再放送か何かで見てるのかな?

中山:(CS放送の)キッズステーションで見てました。

―― キッズステーションで。うわ、謎が解けた。会議の中で大人たちは、ラスカルというラッパーがいるから、多分それじゃないかという話をしてたんですよ。違うんですね。あらいぐまなんですね。『あらいぐまラスカル』の話を西矢選手も知ってたということですか?

西矢:楓奈が歌を聴いてたっていうので、どんな歌なの?という話をしてました。

引用:ハフポスト

 

 

「あらいぐまラスカル」のワードがTwitterでトレンド入りしました。

ラスカル(公式)Twitterが、「金メダル獲得おめでとうございます。」

とアップしたツイートには、スケートボードをするラスカルのイラストも添えられていました。

 

『めざましテレビ』ハラミを食べたいと笑顔!

フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」と「めざまし8」で、

試合後の会見を放送しました。

 

西矢椛選手は、ご褒美として「焼き肉が食べたい!」と目を細めていたそうです。

金メダル獲得には「驚きしかなかった」と目を丸くした。

ラン2回はふるわず、ベストトリックでは2回目まで失敗した。「ベストトリックもミスして、私の中では結構やばい感じやなと思ってました」という。そこから巻き返し「持ち直してくれたからホッとしました。よく頑張ったね、お疲れと言いたい」と話した。

ご褒美には「焼き肉を食べたいと言っていたので。何食べるんでしょう。ハラミですかね。目いっぱい食べるでしょう」と目を細めた。

引用:日刊スポーツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Momiji Nishiya(@momiji_nishiya830)がシェアした投稿

 

まとめ

今回は、最年少金メダリスト西矢椛選手のスケートボードの経歴や、

通っている中学校などの調査しました。

 

西矢椛さんは家族の影響でスケートボードを始め、

地道な努力の結果、実力を伸ばしていったことなどの経歴がわかりました。

 

パリオリンピックに出て優勝したい。世界で知らない人がいないくらい有名になりたい。

と西矢椛選手は話していました。

13歳にして金メダルを獲得した西矢椛選手の今後の活躍に期待できそうです。

 

関連

山田美諭オリンピックで4位!テコンドーのかわいい選手を調査!

© 2021 ゴロブログ