PC・機器

【Bluetooth】ロジクールのおすすめワイヤレスキーボード(logicool無線接続)

ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS のレビュー

「キーボードの外観はどうなっているの?厚さはどのくらいあるの?キーの高さは?ストロークの感触と音は?重さはどう?使った感想は?このキーボードを買って失敗した!と思わないか」

そんな疑問に答えていきます。

 

結論から言うと、このキーボードは実用的な機能が搭載されているとても優秀な製品です。

本体はプラスチックのような安っぽさはなくメタルプレート製で高級感があり、グラファイトカラーは落ち着いた雰囲気を出しており、極薄の本体はスタイリッシュさがあり、キーの打鍵感も静音性も良好で、実用性のあるLEDイルミネーションを搭載しております。仕事ができるビジネスパーソン向けのキーボードだと言えます。

ワイヤレスキーボードを写真でレビュー

ワイヤレスキーボードの正面

 

ワイヤレスキーボードの手前側

手前の厚さは5mmです。目薬よりも薄いです。

 

ドアップ。目測でキーの高さは1.5mmあります。

 

ワイヤレスキーボードの奥側

厚さは2cmあります。

 

左は電源スイッチ。右はTYPE-C端子です。

 

ワイヤレスキーボードの横側

真横から。厚さは5mmです。とても薄いです。

キーボードの奥から手前にかけて斜めに角度が付いており、使いやすい設計になっております。

 

ワイヤレスキーボードの裏側

滑り止めが6カ所についており、キーボードが動いてしまうことはありません。

 

質問への回答

ワイヤレスキーボードのキーストロークの感触は?

キーは比較的浅いが、押しずらさはない。ノートPCに慣れている人であれば快適な使用感を得られると思います。

もし、昔ながらのキーボードを使っている方にとっては、キーの高さが比較的浅いと思いますので、慣れが必要かもしれません。

キーの反発力も適度にあり、ストロークに硬さはありません。1つ1つのキーは指先に沿った凹みを持っており、フィット感があり、キーストロークは滑らかに打てます。

ワイヤレスキーボードのストローク音は?

静音設計になっており、しんなりしたポチポチ音がする程度で、音は気にならない。プラスチックのような安っぽい音はしない。

ワイヤレスキーボードの重さは?

810 gあり、手に持つと厚さの割にずっしりとした重さを感じる。重さと滑り止めの両方の効果で、キーボードがずれていくことはない。

ワイヤレスキーボードのは滑ってズレないか?

重さと滑り止めが効いているため、滑らせようと押してもビクともしない。

ワイヤレスキーボードの使用感は?

全体的に満足しており、不便な点は特にない。人によってはテンキーが不要との声もあるが、個人的にはあった方が便利。

ワイヤレスキーボードの無線か有線か?

Bluetoothの無線キーボード。USB TYPE-Cの有線でも利用可能。

ワイヤレスキーボードのバックライトは?

白色のバックライトが付いている。カラーではない。スマートイルミネーションという機能が付いており、手を近づけた瞬間に点灯する。

ワイヤレスキーボードのバッテリー持ちは?

製品の仕様上では、フル充電後の使用は最大10日間らしいが、バックライトをオフにすると最大5ヶ月間の使用が可能とのこと。私は電池持ちを優先しているため、バックライトはOFFにして使っています。

ワイヤレスキーボードは複数台のPCで使えるか?

Easy-Switchボタンを使うことで最大3台まで簡単に切り替えられる。複数台のPCを使っている方にはとても便利な機能です。

ワイヤレスキーボードのファンクションキーが使えない?

ロックが掛っているから。ロックとその解除の切り替えは「fn」+「esc」キーを押す。

ワイヤレスキーボードの保証は?

保証は購入から2年間です

 

ワイヤレスキーボードの総評

メタルプレートの高級感あふれる超薄型無線キーボードキーストローク感もよく快適に使え、安心の2年間の保証も付いている。ひと昔のキーボードを使っている方や新しく購入を検討している方に、是非これをおすすめしたい

Amazonで探す楽天市場で探す

-PC・機器

© 2021 ゴロブログ