ドラマ

ドラマ「きれいのくに」の高校生「貴志」役の山脇辰哉は誰か?

きれいのくにの貴志を演じる山脇辰哉とは?

2021年4月12日からNHK総合「よるドラ」で放送の「きれいのくに」の「貴志」役として「山脇辰哉」さんが出演しています。

貴志役を演じる山脇辰哉さんとは一体どんな人なのか?どのような経歴を持った人物なのか?について、ドラマの概要と共にご紹介していきたいと思います。

 

「きれいのくに」の貴志を演じる山脇辰哉のプロフィール

名前:山脇 辰哉(やまわき たつや)

生年月日:1997年4月9日

身長:170cm

血液型:A型

出身:千葉県

特技:散財

趣味:節約

職業:役者

所属:無所属

劇団:劇団5454 に客演(臨時出演)している

目標:優しい人間になること

山脇辰哉さんの情報を調べると、なんということでしょうか、情報が少ない!

NHKのドラマ「きれいのくに」に出演されるということで、どこかの事務所に所属されていると思いきや、劇団5454の「カタロゴス青」に客演している無所属の俳優さんでした。

特技と趣味が相反する内容となっており、ツッコミどころを残しており、笑いのツボも心得ているようです。

 

貴志を演じる山脇辰哉の出演作品やお仕事

2019年12月 『カタロゴス「青」についての短編集』 「コールドベイビーズ」 主人公亜青

2021年2月 映画『光の輪郭と踊るダンス

2021年4月 NHKよるドラ『きれいのくに

「きれいのくに」については、こちらの記事をぜひ合わせ読んでみてください。

 NHKのよるドラ「きれいのくに」のあらすじ、キャスト、放送日について

2021年6月 山脇辰哉企画 『明けまして、おめでたい人

2021年8月 ハイバイ『ヒッキー・カンクーントルネード

 

貴志を演じる山脇辰哉のサイトやSNS

公式Twitter:@tatsuya0409021

公式Instagram:tatsuya0409021

 

この投稿をInstagramで見る

 

山脇辰哉(@tatsuya0409021)がシェアした投稿

ドラマ「きれいのくに」が放送される4/12の3日前に24歳になる山脇辰哉さんですが、23歳になった頃の想いがInstagramで語られております。

22歳は激動の1年だったらしく、大学を辞めて、俳優活動に力を入れようとした矢先でのコロナウイルスの流行、出演予定だった演劇が延期になったことや、一人の人間として見てもらえずに拒絶されてしまうことやど、精神的にハードな年だったようです。

23歳は「経験」を重視した年にしたいと語っており、その1年後にはドラマ「きれいのくに」の貴志役を見事掴み取っているため、有言実行の人だと言えます。

NHKとしては、よるドラ「きれいのくに」の高校生「貴志」役に山脇辰哉さんを抜擢することで、彼の持つ演劇に対するストイックさとドラマの斬新なコンセプトがシナジー効果を生みだし、ドラマをより魅力的なものに仕上げられたのだと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山脇辰哉(@tatsuya0409021)がシェアした投稿

そして、24歳を迎える直前の山脇辰哉さんが「今年が勝負の年」「今年ばかりは今年の勝負に勝ちたい」と語っており、「きれいのくに」への出演の更に先を見ているような力強い印象を感じられます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

山脇辰哉(@tatsuya0409021)がシェアした投稿

山脇辰哉さん自身が「脚本が圧倒的に面白い」「全部見たら色んなものが広がっていく作品」と評価しており、「きれいのくに」を観たら人生観が変わるんじゃないかとさえ思わされてしまいます。

 

出演YouTube:【劇団5454】山脇辰哉電話インタビュー

2020/4/18にYouTubeにて公開された動画ですが、山脇辰哉さんと同じ劇団5454で脚本家・演出家の春陽 漁介(しゅんよう りょうすけ)さんと山脇辰哉さんの電話対談です。

動画から察するに、山脇辰哉さんの先輩にあたる方でしょうか。山脇辰哉さんへの気遣いもありつつ、山脇辰哉さんの強みを上手く引き出しています。

対談の中で山脇辰哉さんは「ちゃんとした俳優になるために、生きなきゃなぁ。その正解を探している」と述べており、役者としての自分が理想とする姿を模索している最中のようです。

2020年には、役者としての自分に向き合い、見つめ直すために、意図的に劇団の公演を入れない期間を作っていたそうです。

その成果が、2021年4月のドラマ「きれいのくに」への出演につながったのかもしれません。

なお、劇団5454とはなにか?と思われた方もいるかと思いますので、ちょこっと触れたいと思います。「5454」と書いて「ランドリー」と読むそうです。

対談でインタビューワーをされていた脚本家・演出家の春陽漁介さんが主宰として、2012年4月に旗揚げされた劇団です。劇団名の由来は、

『青空の下になびいている真っ白いTシャツのように、日々当たり前に見えている風景をリフレッシュさせたい。日常の汚れた気分を“ゴシゴシ(5454)と洗い流したい”』
引用:about 5454

山脇辰哉さんは、「カタロゴス青」という作品の客演(俳優が自分が所属していない劇団に臨時で出演すること)として、参画されています。

 

貴志を演じる山脇辰哉が出演している過去作品を見る

■観劇三昧

「カタロゴス~青についての短編集~」(山脇辰哉が出演)

■ステージチャンネル

■Amazon Prime Video ※2021/4時点では、視聴できない

■U-NEXT ※きれいのくにの配信予定

 

「きれいのくに」の貴志を演じる山脇辰哉のまとめ

2021年4月12日からNHK総合「よるドラ」で放送の「きれいのくに」の「貴志」役として出演する「山脇辰哉」さんについて、ご紹介してきました。

貴志役を演じる山脇辰哉さんとは一体どんな人なのか?どのような経歴を持った人物なのか?が感じられたかと思います。

俳優として更なる高みを目指している山脇辰哉さんの今後の活躍にご注目ください!

-ドラマ

© 2021 ゴロブログ