音楽

金木犀の歌詞の意味を考察・解釈!「Adoも歌った人気曲」

Ado 金木犀 歌詞 解釈

2019/12/16に、ボーカロイドプロデューサーとして活動してきたボカロPのくじらさんの楽曲

「金木犀 / Flower」 と、「金木犀 feat. Ado」が公開されました。

6作目であったにも関わらず、公開後たった1ヶ月で再生回数100万を突破する大人気曲となりました。

現在「金木犀 feat. Ado」では、2000万回再生以上を上回る人気曲です。

流れるようなメロディーの、クールでお洒落な楽曲に、

Adoさんのけだるそうな歌声が心に染みます。

 

人気の曲、金木犀の歌詞について知りたい

金木犀の花言葉は何だろう

 

などと気になった方も多いかとかと思います。

くじらさんのオリジナル曲である金木犀の歌詞の意味を考察し、

筆者なりの解釈も含めて紹介させていただきます。

ぜひ最後までお読みください。

 

「金木犀 feat. Ado」

 

 

金木犀 / くじら covered by 手越祐也

手越祐也さんが、YouTubeで【歌ってみた踊ってみた】でかっこよく歌った姿も話題となりました。

 

 

意味深なMV(一瞬しか見えないフレーズ)

MVを見て気になった方も多いかと思います。

歌が始まる前の前奏のメロディーの部分で、フラッシュの様に文字が次々に切り替わる場面があります。

まず楽曲の担当者の名前が出てきた後に、英語で書かれた文章が出てきます。

 

まずは楽曲の担当者の紹介

  • illust(イラスト):世津田スン
  • vocal(ボーカル):Flower・Ado
  • engineering(エンジニアリング):かごめP・さんかくずわり
  • title logo(タイトルロゴ):アツミ

 

一瞬しか見えない英文

一番気になるのが、この一瞬しか見えないこの英語の部分です。

 

(和訳するとこんな意味かと想像できます。)

If today wer the last day of my life,

今日が私の人生最後の日だったら

would I want to do what I am about to do today?

今日やろうとしていることをやりたいですか?

”?”

”?”

 

もし本当に今日が最後ならば、筆者ならもっと何をしたいのか真剣に考えるでしょう。

目先のことだけではなく、自分の人生をどう生きたいのか、

そのためには何をすべきなのかを考えさせられる重い言葉です。

 

「何気なく過ごす日々ではなく、真剣に自分と向き合い、後悔のない生き方をすべきだ

と、問いかけられているかのように感じました。

 

きっと、この歌詞に出てくる「私」も、毎日を必死に生きているのでしょう。

この英語の内容を知ってから見る歌詞は、言葉の重みが変わって感じられます。

 

MV(ミュージックビデオ)約1分26秒の1秒で消えるメッセージ

イラストの背景に敷き詰められた言葉がこちらです。

背景にびっしりと書かれているので、イラストに隠れて見えないところがありますが、

読めるところだけ書き出してみました。

 

値札が並んだショーウィンドウの中に私を見つけたんだ(。)使っては消費されるだけのキャラクター

⇒世の中に生きづらさを感じている彼女の気持ちを表現しています。

マネキン

 

奇をてらった正体はすぐに見抜かれて捨てら(れてしま)・・・うの(。)薄暗い階段を降りて狭いロッカーを開けた

どこまでいっても錆びた鉄格子で血まみれの・・・いた(。)今日はむせ返るような夏で(。)

暗い高架下(。)規則正しく並んだくすんだオレン(ジ色のせま)・・・いアパートまでの道(。)

いつかは明日が変わるって思ってもう何年・・・きが黒い線をいくつも(。)

信じるなんて言葉何百回肯定すれば・・・苦しいよ(。)

薄い明りを頼りに生きるんだ(。)淡い期(待)・・・まま甘い夢は世の中に散らばって(。)

明るい未来なんてブリキのままファ・・・に変わって目の前で電車が行った(。)そんなこ(と)

ファーストキスのことでしょうか。

立体的に見下ろされた橋の下(。)覚悟・・・った(。)それを愛おしく思いながら

冷たくなるのをじっと待ってた・・・知らない誰かになっていて

願っても無い輪廻に組み込まれて・・・て空は灰色のままで

風はいつまでも僕らをいじめたいかなって・・・しようもない言葉

錆びついて使い古された愛を壊れてしま・・・ても変わらない(。)一度われてしまった

自己愛はもう二度と戻ることはない(。)あ・・・もう来ない(。)やってくるのは

同じような朝だけ(。)硬くなったパ(ン)・・・(最)敵な組み合わせなんだろうね(。)

全部今すぐなくなればいい・・・(私)たちは生に期待をしすぎていたみ(い)

別れよう?もうどうしようも・・・君にも早く一緒に地獄に落ちるよ(うよ)

別れの曲なのでしょう。

人間失格みたいだねなん・・・もわ・・・よ(。)そんな君が好きだし

はやく来ないかな電車(。)もう寒いんだけ・・・くる躁鬱(。)耐えられなくなる体は心を抱きしめ線路へ(。)

所どころ読めないところはありますが、

このことから世間に生きづらさを感じている女性が、初恋との彼との恋愛に真剣に向き合った

しかし最後は別れを告げるというようにも読み解けます。

 

金木犀(きんもくせい)の花言葉

金木犀の花は、秋に咲きます。

毎年9月から10月にかけて強い香りを発する金木犀ですが、橙黄色の小さな花を枝に密生させて咲きます。

特に夜間は、近くになくても香りが感じられるほどに強く香ります

 

花言葉

金木犀の花言葉はたくさんあり色々な意味があります。

 

「初恋」「謙虚」「変わらぬ魅力」「真実」

「陶酔」「誘惑」「気高い」「高貴」「隠世(かくりよ)」

 

この歌詞では、「初恋」「真実」「陶酔」「誘惑」を意味する別れの恋愛ソングだと解釈できます。

 

あの独特な強く甘い香りが、「初恋」「陶酔」や「誘惑」という花言葉を生みました。

「真実」という花言葉は、何キロも離れたところまで届くという、金木犀の隠すことのできない香りが由来です。

 

金木犀は怖い

ちなみに「金木犀とは怖い」と話題になったことがありました。

様々な由来があるのでご紹介します。

もしかすると、この歌にかかわる意味が隠されているかもしれません。

 

「隠世(かくりよ)」

お寺

中国では古くから上品な香りとされており、気高さの象徴であったという話もあります。

話題となった、怖いという花言葉が「隠世(かくりよ)」です。

 

「隠世(かくりよ)」とはあの世、死後の世界のことを指します。

金木犀の強い香りは、邪気を払うとも考えられているそうです。

 

なので、金木犀はお寺や神社に多く植えられていることが多いです。

金木犀の花言葉が「隠世(かくりよ)」となった由来だとされています。

死後の世界とつながる香りを発する花が金木犀とされているそう。

 

おまじない

魔除け

ヨーロッパでは金木犀が魔除けなどの様々な力を持ち、潜在能力を引き出す力があると考えられています。

おまじないや儀式の際に使われてきました。

 

金木犀の香りの香水をつけて告白すると恋が成就しやすいとか、

金木犀の木の下で告白すると思いが叶うなどの迷信があるのだそうです。

 

『東京喰種トーキョーグール』

また、何度もアニメ化されているマンガの『東京喰種トーキョーグール』を知っている方も多いかと思いますが、

この作品の中で、背景の絵の花に多く出てきたのが金木犀でした。

 

人の姿をしながら人肉を喰らって生きる「喰種」(グール)をテーマにしたアニメ作品です。

グロい描写やシリアスなシーンが出てくることから、金木犀は怖いと印象づけられたのでしょう。

 

歌詞考察・解釈

MVの考察と、金木犀の花言葉「初恋」と「真実」「陶酔」「誘惑」から、

初恋の彼に別れを告げ、誘惑に陶酔し、真実の愛に目覚めるというストーリーで考察していきたいと思います。

初恋の彼がいるのにも関わらず、好きな人ができてしまったのでしょう。

 

今になって答え合わせ
そんなのどうでも良くて
憂いの波は寄せては返す

どうでもいい答え合わせが繰り返されているということなのでしょう。

つまりは、けんかを繰り返しているのだと思います。

ここが悪い」「これが正しい

「あの時こう言った・言ってない

「本当に好きなのか」「信じている・いない

などと、けんかが絶えなかったのでしょう。

叫ぶ

そんなのどうでも良くて、という歌詞から

もうけんかの内容はどうでもよくなってしまった様です。

 

「けんかするほど仲がいい」という言葉がありますが、

仲直りする方法を探したり、関係を良くする方法を考える気にもなれないほど関係は悪化したのでしょう。

 

落ちてた吸殻はいて
地面に這った記憶を拾い集めてる

吸い殻とは、燃えて(けんかして)消えた(終わった)

何度もけんかした後を表しています。

 

記憶を拾い集めているいうフレーズから、けんかした記憶を思い出しているのでしょう。

 

味のないクッキーコインランドリー
バカみたいなハンバーガー
落書きだらけの排気管
胸が苦しい さよなら
つり革を握ってるあなたの手は
温もりを忘れた

クッキー

味のないクッキーとは、もうこの恋愛へ感情は何も湧いてこない。

別れの辛ささえ感じないほどに、冷え切ってしまった感情のことを表しています。

 

コインランドリーのような、機械に囲まれ、狭く無機質な空間いるよう気持ちなのでしょう。

孤独で、窮屈で、温かみのない空間に閉じ込められているかのようで、苦しいのだと思います。

 

バカみたいなハンバーガーとは、くだらないことで笑っていた思い出を表しているのか

それとも、この状況がバカバカしく感じているのでしょうか。

やけになっているようです。

 

落書きだらけの排気口、胸が苦しいとは、彼に言えない(吐き出せない)秘密だらけで、

胸が苦しいのだと思います。

 

つり革を握ってるあなたの手は温もりを忘れた

必死でつかんでいるだけで、優しさなんてなくなってしまった。

別れたくないという気持ちだけで、ただの執着心しかなくなってしまったのでしょう。

 

 

夕暮れに置いてかないでレコードが回るあの日を
空は揺らいだ幸せな生活も
金木犀の匂いも私もこのままもう一回
さよなら

レコード=古い音楽を記録=昔の想い出

 

レコード

 

昔の幸せな思い出はあるけれど、

金木犀の匂い=「真実」「陶酔」「誘惑」はそのままで変えられることではない。

 

だから、彼は許してくれるとは思わないけれど、もう一度「さよなら」を言う。

 

窮屈な窓辺の端に空いた半透明
遠い誰かが私を照らしてる
埋まんない穴どうしよう
なんて踏切は今日も泣いてた
そんな気がした

半透明のガラスの穴から、誰かに遠くからひどい奴だと見られている(照らされている)気がして、

心に空いた穴(虚しさ)に泣きたくなったのでしょう。

埋まんない穴とは、「彼との幸せを失った心の穴」と言う意味もあるかと思います。

 

あえて、自分が悲しいと思っていることを歌詞にせず、

踏切が泣いていて、私はそんな気がしただけ」

という、他人事かのような無機質な感情が表されています。

感情を押し殺しているというよりは、何も感じないほど疲れ果てたのでしょう。

線路

夕暮れに置いてかないでレコードが回るあの日を
空は揺らいだ幸せな生活も
金木犀の匂いも私もこのまま
もういっか、さよなら

この最後の歌詞のポイントが、繰り返しの歌詞の様で繰り返しではないこと。

もう一回さよなら

から

もういっかさよなら

へ変わっている。

 

何度言っても引き下がらない彼に対して諦めたのか、

もしくは、自分自身の気持ちが吹っ切れたようにも感じます。

 

もうひとつのストーリー

教会

ここで、花言葉の「隠世(かくりよ)」という言葉にフォーカスしてみましょう。

死後の世界とつながる香りを発する花が金木犀です。

 

つまりは、亡くなった彼へのさみしい気持ちの歌で、

忘れられないけれど、何とか吹っ切ろうとしている歌だとも言えます。

 

落ちてた吸殻はいて
地面に這った記憶を拾い集めてる

火葬場で遺骨を拾う光景を、吸殻に例えているかのようです。

 

つり革を握ってるあなたの手は
温もりを忘れた

亡くなって冷たくなってしまった彼の手についてでしょう。

 

空は揺らいだ幸せな生活も

「空」という表現からも、亡くなった彼への想いを歌った曲に感じられます。

 

気になる曲の始まり(一瞬しか見えないフレーズ)と題して読み解いた

英文も、もう一度思い出してください。

If today wer the last day of my life,

would I want to do what I am about to do today?

”?”

今日が私の人生最後の日だったら

今日やろうとしていることをやりたいですか

”?”

 

空

大事な人を亡くして、彼女は本当の人生の大切さに気づいたようです

彼がなくなった曲として聞くと、ポップな曲調がさらに悲しい曲に聞こえてきます。

 

まとめ

ボカロPのくじらさんの6作目で、2000万回再生以上を上回る人気曲「金木犀 」についてまとめました。

金木犀の花言葉や歌詞から筆者なりの考察・解釈を紹介しました。

 

歌詞、花言葉やMVから、筆者は二つのストーリーを思い浮かべました。

「初恋の別れ」のストーリー「亡くなった彼」へのストーリーの、

どちらの考察・解釈でも捉えることができる深い曲だと思いました。

この記事を読んでから聞く「金木犀」は、また少し違って聞こえるかもしれません。

-音楽

© 2021 ゴロブログ