エンタメ

浜辺美波の映画2021!かわいい制服は今年で見納め?!

浜辺美波 映画 2021

女優の浜辺美波さんが今年デビュー10周年を迎えました!

10歳で東宝シンデレラ・ニュージェネレーション賞を受賞してからこれまで、さまざまな役に挑戦してきた浜辺さん。

2021年6月1日には、最新の出演作「 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」が公開されたばかりです。

今回は、透明感抜群でかわいい浜辺美波さんの10年間を映画で振り返ろうと思います。
ぜひ最後までお読みください!

 

2011年 空色物語「アリと恋文」

浜辺美波さんの映画初出演作です。

空色物語は10分ほどのショートムービーで、東宝シンデレラ受賞者がそれぞれに主演を飾った作品集

浜辺美波さん主演の「アリと恋文」では、文香という少女を演じました。

文香が書いたラブレターを渡すと、両思いになれるという伝説があり、それを聞きつけたある2人にラブレターをお願いされるというあらすじです。

当時はまだあどけない感じがして、かわいらしいです

 

2017年「咲-saki-」

「咲-saki-」は漫画が原作の映画で、高校の麻雀部を舞台とした青春ストーリーです。

浜辺さんが演じたのは主演の宮永咲。
咲は「不思議ちゃんキャラ」な所がかわいい人物です。

つかみどころのない性格の咲と、浜辺さん自身との共通点があまりなく、演じるのに苦労したと振り返っていました。

また、「咲-saki-」の撮影のために、麻雀を一から勉強したという浜辺さん。

「かっこよく打つ」というコンセプトのもと、プロの雀士の方と一緒に練習したそうです。

 

2017年「君の膵臓をたべたい」

浜辺美波さんが日本アカデミー賞新人俳優賞などの受賞した作品です。

北村匠海さんとのW主演で、浜辺さんは山内桜良を演じました。

桜良は、重い膵臓の病気を患い、余命数年の少女。
それでも明るく笑う桜良の姿に涙する方も多かったのではないでしょうか。

浜辺さんは作品の大ヒットについて、世代を問わず多くの人に作品が届いたことを嬉しそうに語っています。

「本当にたくさんの方から感想をいただきました。特に祖母から『本当に感動した』と言われたとき、祖母の年代の方にもしっかり映画が届いてくれたんだと心から嬉しかったことを覚えています」
出典:https://www.crank-in.net/interview/53224/1

 

2018年「センセイ君主」

2018年には、漫画「センセイ君主」の実写版に挑戦しました。

浜辺美波さんが演じる佐丸あゆは、パワフルで底抜けに明るい性格
大好きな先生のことをまっすぐに思う姿がかわいいです。

金八先生のモノマネをしたり、思い切り表情筋を使って演技したりと、「君の膵臓をたべたい」とはかなり違った浜辺美波さんが見られます

ちなみに金八先生のモノマネ、かなり練習したそうですよ。

竹内涼真さん演じるクールな教師・弘光由貴とのコントラストも見所。

主題歌を担当するTWICEとのコラボダンスもかわいいです!

 

2019年「屍人荘の殺人」

2019年には、自身初となるミステリー作品に出演しました。

浜辺美波さん演じたのは、美人女子大生探偵の剣崎比留子。
原作の小説は本格的なミステリーという感じですが、映画ではコメディ的要素もあり、楽しい作品です。

また、浜辺さんのガーリーなファッションもかわいいですね

浜辺美波さんは、お気に入りのセリフについても話していました。

作中で、何度か葉村君を試すようなセリフが出てくるんです。例えば、葉村君に死体の片づけを指示する時に「やってくれたらキスさせてあげる」と言うんですけれど、原作を読んでいても、何を考えているか分からないセリフなのですが、そこに比留子の扱いづらさみたいなものが全力で出ている気がして、私はすごく好きだなと思いました。
出典:https://book.asahi.com/article/12889078

 

2020年「思い、思われ、ふり、ふられ」

咲坂伊緒さんの漫画が原作で、高校生4人の交錯する恋心を描いた切ない青春ラブストーリー。

浜辺美波さんはもともと原作を描いた咲坂伊緒さんのファンだったのだとか

今までも「アオハライド」「ストロボエッジ」と実写化がありましたが年齢の壁もあり、出演は難しかったそうです。

しかし、「思い、思われ、ふり、ふられ」で念願の実写化出演を果たしました

そんな浜辺美波さんが演じるのは朱里という少女。
恋に積極的で社交的だけど自分の気持ちを表現するのが苦手、というキャラクターです。

「君の膵臓をたべたい」で共演した北村匠海さんとは、親同士が再婚した義理の姉弟という関係で再共演しています。

 

【最新作】2021年「 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」

6月1日に公開されたばかりの最新作です!

大人気漫画の実写化で、浜辺美波さんは主人公の蛇喰夢子を演じています

ドラマから始まり、シリーズ最新作のこの映画では、命をかけたスリリングな賭けが見所です。

さらに、「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」では予告の最後にもあるように、夢子の人間らしい一面が見られるのもポイント。

体育が嫌いな夢子の様子は、浜辺さんのTwitterでも話題となっていました

2枚目の写真は同じ方の手と足がでており、浜辺さんも「絶対この人運動できない」とツイートしていました。

 

まとめ

今回は、浜辺美波さんの芸能生活を映画と共に振り返りました。

並べてみると、浜辺美波さんは漫画や小説の実写が多いように感じますね

実写化を演じることについては浜辺さんの思いがあるようで、当時16歳のインタビューで語られています。

私自身、漫画やアニメが好きでいつも観ているので。(原作モノは)世界観がキレイだったり、出来上がっているもの自体が素晴らしいですから。特に好きな作品や素晴らしい役柄は自分がやっていきたいと思います。
出典:https://spice.eplus.jp/articles/99514

これまでは高校生の役柄が多かった浜辺美波さんですが、先生などの人を助けるような役柄にも興味があるようです。

まだまだ成長していく20歳の浜辺美波さんがこれからどんなお芝居を見せてくれるのか、期待していきたいです!

-エンタメ

© 2021 ゴロブログ