エンタメ

ビル・ゲイツが離婚!理由は財産分与のための節税対策か?

ビル・ゲイツ夫妻が離婚

みんなが使っているパソコンのOSであるWindowsを提供しているあのマイクロソフトの創業者である「ビル・ゲイツ」夫妻が離婚を発表しました。

特に離婚や不仲の噂も聞かなかったのみ、なぜ急に離婚に至ったのか?

巨額な14兆円の財産分与はどうなるのか?ネット上での反応は?

調査した結果をご紹介いたします。

 

ビル・ゲイツ夫妻が離婚に至った理由

夫婦が離婚する理由は様々ですが、大富豪には大富豪特有の理由があるのかもしれません。

ビル・ゲイツ夫婦の離婚の理由は、お互いの成長のため?

5月3日にマイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツさんが27年間の結婚生活を終わらせることを発表しました。

ビル・ゲイツ夫妻はツイッター上で離婚の理由をこのように語っています。

「互いとの関係に多大な努力を費やした」ものの、「私たちの人生でのこの次の段階において、もはや夫婦として共には成長できない」
引用:Forbes

これを私なりに訳すと

私たちの関係について多くの考えと多くの努力を重ねましたが、私たちは結婚を終わらせることを決意しました。過去27年間で、私たちは3人の素晴らしい子供たちを育て、すべての人々が健康で生産的な生活を送ることができるように世界中で機能する基盤を構築してきました。私たちはその使命を共有し続け、財団で一緒に仕事を続けますが、私たちの人生のこの次の段階でパートナーとして一緒に成長できるとは思えなくなりました。この新しい生活を始めるにあたり、私たちは家族のために居場所とプライバシーの尊重を求めます。

ビル・ゲイツ夫妻が発表した離婚理由からすると、「夫婦として不仲になった」という説は薄いように感じます。

公表された声明を見る限りでは、「仕事のパートナー」としてお互いが必要なくなった、ということが読み取れます。

日本では「リコカツ」や「大豆田とわ子と三人の元夫」のように離婚をテーマにしたドラマが放送されていますが、ビル・ゲイツ夫妻も水面下ではリコカツを行っていたとは!

「夫婦のパートナー」というよりも「仕事のパートナー」として相手を見るようになってしまったのかもしれませんね。

 

ビル・ゲイツ夫婦の離婚の理由は、遺産相続の節税対策のため?

まず初めに、アメリカにおける相続税について調べてみました

基礎控除額:約12億円
相続税率:18%~40%

もしビル・ゲイツさんからメリンダさんへ遺産相続が発生した場合、資産14兆円にその相続税がかけられた場合、以下の通り、かなりの額を納めることになります。

18%:約2.5兆円
40%:約5.6兆円

数兆円の前では、基礎控除額の12億円が微々たるものにしか見えません。

ビル・ゲイツ夫妻ほどの大富豪になれば、資産14兆円に対して最大40%を納税するのではなく、何かしらの税金対策を講じても不思議ではありません。

 

次に、ビル・ゲイツさんとメリンダさんの年齢差を見てみましょう

名前:ビル・ゲイツ
年齢:65歳(2021/5/4時点)
生年月日:1955年10月28日

名前:メリンダ・ゲイツ
年齢:56歳(2021/5/4時点)
生年月日:1964年8月15日

お2人には9歳差あり、ビル・ゲイツさんの方が年上です。

どちらが先に逝くの?を単純に考えるとビル・ゲイツさんの方になります。

 

次にアメリカにおける男女の平均寿命を調べてみました。

【アメリカ】
男性:76.1
女性:81.1
※参考:MEMORVA 平均寿命世界ランキング・国別順位(2020年版)

 

このアメリカの男女平均寿命をもとにビルさんとメリンダさんの残りの寿命を計算してみると、次のようになります。

ビル・ゲイツ
平均寿命76.1歳 - 現在の年齢65歳 = 約11歳

メリンダ・ゲイツ
平均寿命81.1歳 - 現在の年齢56歳 = 約25歳

平均寿命通りに生きたとしたら、ビル・ゲイツさんの寿命は残り11年となります。

ビル・ゲイツさんは65歳と高齢者ではあるものの、ここ数年で亡くなるような年齢ではなりません。しかし、要注意ではあります。

 

ビル・ゲイツさんが何かしらの健康問題を抱えており、相続税を取られてしまうことを心配しているのではないでしょうか?

調べてみたところ、ビル・ゲイツさんの病歴に関する情報は見つかりませんでした。

 

しかし、興味深い事実が分かりました。

ビル・ゲイツさんは2017年11月に認知症の研究に私財で約56.8億円を投資する判断をしています。

理由としては、親族に認知症を患った男性が複数いることを自身のブログに書いており、認知症の恐ろしさを知っています。

「愛する人が病気に知性を奪われ、苦しむ姿を見ること、そして自分にはその人に何一つしてあげられないことの恐ろしさを分かっている」
引用:Forbes Japan

アルツハイマー病については、2020年12月においても治療が困難な病気であるようです。

アルツハイマー病について

アルツハイマー病は、思考、記憶および自立の機能が損なわれ、早期の死亡につながる進行性の神経疾患です。現在、この病気は進行の抑制、遅延、予防ができず、グローバルヘルス問題として拡大しており、当事者とそのご家族に影響を与えています。
引用: エーザイ株式会社

 

ビル・ゲイツさんの親族に認知症を患った男性が複数いるのであれば、ビル・ゲイツさん自身も、認知症を発症している可能性が考えられます

認知症と離婚はどう関係するのか?

もしビル・ゲイツさんが認知症と判断され場合、遺言の効力が認められない可能性があります。

遺言には、法的効力があるため遺言能力が必要です。しかし、認知症が進行すると自分の行為の良し悪しが分からなくなってしまうので、原則として遺言能力があるとは認めてもらえません。そのような状態で作成された遺言書は認められないので無効です。
引用:一般社団法人 元気じるし 東海

 

ビル・ゲイツさんほどの大富豪とあれば、遺言書はすでに作成済みであると推測されます。

よって、上記の情報を踏まえて考察すると、

ビル・ゲイツさんが認知症を発症していたら、遺言を書き直すことが出来なくなるかもしれない

ビル・ゲイツさんの相続が発生した場合、最大約5.6兆円の相続税が発生する可能性がある。

・よって、節税対策として離婚による財産分与を選択していることが推察されます。

 

ビル・ゲイツの保有資産と慈善活動について

ビル・ゲイツさんの保有資産額はなんと1300億ドル、日本円にして14兆円!

ビル・ゲイツ夫妻は世界最大の慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」を2000年から共同運営しています。

2021年1月には、夫妻は計290億ドル、日本円にして約3兆2000億円以上を慈善活動に寄付しています。

大富豪と言えで3兆円を超える寄付なんて、日本でできる人なんていないので、如何にビル・ゲイツさんが超大富豪なのかが分かります。

また、財団の名前におふたりの名前を付けているのに、離婚したらどうなってしまうのか気になるところです。

お2人は離婚後も財団は継続されるそうですので、財団に支援してもらっていた先は一安心ですね。

 

14兆円の財産分与について

財産分与

財産分与については現在発表されていませんが、離婚の原因がどちらにあるかによって割合が決まると思いますので、今後分かり次第記事を更新いたします

 

ビル・ゲイツ夫妻の出会いは?

dinner

メリンダさんは1987年にマイクロソフト社のプロダクトマネージャーとして入社されています。

お2人はその年にニューヨークでディナーをしたことを切っ掛けに、交際するようになり、お互いをとても気遣い合う仲で「別れるか結婚するか」の2つの選択肢しかないと感じていたそうです。

そして1994年にハワイ諸島のラナイにて結婚されています。

その時のエピソードとして、結婚式を邪魔されないように、現地のヘリコプターを全機借り上げてしまったそうです。

さすが大富豪、やることが違いますね。

 

ネット上での声は?

 

ネット上の声としては、「ビックリ!」「慈善団体の継続はどうなる?」「財産分与は?」という声が多く見られました。

 

ビル・ゲイツ氏の離婚のまとめ

27年間の結婚生活の終わりを告げ、離婚することを発表したビル・ゲイツさん。

超大富豪の離婚ということで、世界的に注目を集める離婚となること間違いない。

今後のビル・ゲイツ夫妻の動向が気になるところです。

 

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

-エンタメ

© 2021 ゴロブログ